« 2010年10月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の4件の記事

2012年1月 4日 (水)

ヒナチョコボへの道 最終話

(2010年9月頃下書きした記事です)

さて、レースチョコボが育てばいよいよチョコトルク取り開始です。
記事にするためにログやSSを撮ってあったのですが、HDDのクラッシュでごっそり消失しています。

面白おかしく書こうにもあまりにも前過ぎてほとんど覚えてなかったり。
というわけで省略!
これだけではあんまりなので、レースでのコツを。

レースでの指示は「最後にとばせ」にします。
アイテムは「スピードアップル」ですがパシュハウ沼前は使わずに勝てると思います。
使わずに進めていって、負けたところ以降使うようにすればいいかと。

パシュハウ沼では相手がアビを複数回つかってきます。
ていうかそもそもチョコボレースでさえありません。
一緒に走るのはモンスター。

 なんじゃそりゃーー!

って叫びたくなる事請け合い。
他のモンスターのアビ(こちらのスピードダウンとか)のタイミングとの兼ね合いでは負けます。

  サボテンダーの爆走!
  追いつく
  サボテンダーの爆走!
  追いつく
  サボテンダーの爆走!
  大羊のスピード妨害!
  →マイチョコボのスピードダウン

解説のサクラちゃんの秘密も明らかに!

育成には時間がかかりますが、チョコプラストルクに加えてイベントもなかなか楽しめますのでそれなりの達成感が得られますよー。

サーキットのレースも最近はやってる人が少ないのかそこそこ勝てます。
出走手続きに時間制限があるのでタイミングが合わないとダメですが、小銭稼ぎにはなかなかー。

ちなみにチョコプラストルクは最終戦の一つ前で手に入ります。
書いてて思い出したんですが、トルクを手に入れた後、最終戦をやってない気がする!

まぁ、勝ってもトロフィーもらうだけだし(しかも即捨て)

2012年1月 3日 (火)

ヒナチョコボへの道 第三話

(2010年9月頃下書きした記事です)


レース用チョコボ育成の自分用メモ。
書いてみたら、本当に自分の記録として以外、読む価値無しになってしまったので折りたたみ。

興味のある奇特な方のみ↓をくりっくくりっく!

続きを読む "ヒナチョコボへの道 第三話" »

2012年1月 2日 (月)

ヒナチョコボへの道 第二話

(2010年9月頃下書きした記事です)

手元には2枚の♀チョコボ診断書。
片方は男の子として育てられたみたいなので性格的には問題ありませんが交配できません。

気を取り直して裏LSのメンバに聞いてみるとそーきさんが宝探し用♂チョコボ(緑)を飼ってるらしいので、お婿さんに来てもらいます。

♀はどちらの子を使っても良いんですがー。

  交配では親のステータスは引き継がない。
  毛色とアビを引き継ぐことがある。
  
とのことなので、せっかくだから黄色以外を狙います。
うちの子は黄色だったのですが、みけちんとこは緑色(らしい)なので採用。

体は♀だけど性格は♂ × ノーマル♂
な2匹でハネムーンいてらしゃーい!
BL(ブラックリストではない)には女体化した♂が出てくることがあるらしいですがそんな感じで!(いい加減自主規制

  ■

宝探し用チョコボの育成は難しくありません。
「宝の嗅覚」と「掬い掘り」or「突っつき掘り」のアビを覚えさせればOKです。
掬いと突っつきの違いは、マップごとに掘れるアイテムの種類が増えるんですがその種類が異なるようです。

生まれた子は「宝の嗅覚」を引き継いだ緑色の子でした。
(色がわかるのは子チョコボになってからです)
計画通り!

以下育成内容箇条書き。

 1.判断力を「標準まであと少し」に上げる
 2.「掬い掘り」「突っつき掘り」のどちらかを覚えさせる
 3.「宝の嗅覚」を覚えさせる
 4.力、持久力を上げる

アビを覚えるのに必要な物語など、詳細はWikiでも見てください。
力、持久力を上げる理由はプライベートレースでのチョココイン稼ぎです。
後は乗ってるときのイライラ感軽減w
参考までに、私の宝掘りチョコボのステータスは
力、持久力、判断力、感受性の順に「A/B/E/E」 です。

チョコボのステータスについて。
   内部値:ゲーム内表現
 F:000-031:あるかないか
 E:032-063:少しはあるよう
 D:064-095:標準まであと少し
 C:096-127:標準クラス
 B:128-159:標準よりはありそう
 A:160-191:なかなかありそう
 S:192-223:相当あるよう
 SS:224-255:最高クラス

内部値合計641が最高
一つでも0のステータスがある場合640
引退後の特訓で642まであがるらしい

これで、アイテムを使わなくてもプライベートレースの3強以外には勝てます。
プライベートレースは8レースでNPCが一巡します。
3強以外に買った場合、獲得できるチョココインはウィンダスの場合約28枚。
サンドとバスの場合は26枚になるそうです。
地球時間0:00をまたぐまでに連続出走すると出走費用がだんだん上がりますので(最大1000ギル)
財布と相談しながら稼いでおきましょう。
私は1日4レースやってました。

まぁ、結論としてはレース用チョコボと同じ育成の仕方で、覚えさせるアビを宝探し用に変更するだけでよさそうな気がしますががが。

レース用の育成方法はCMの後で!

2012年1月 1日 (日)

ヒナチョコボへの道 第一話

(2010年9月頃下書きした記事です)

いまさらチョコボ育成する人なんていないだろー
と思いつつ、私の軌跡として残しておきます。
HDDクラッシュによりログや管理ファイルが消失しちゃったので、正確な数値が全部わからなくなってしまってますが orz

いつもはFFでそのプレイをした日をblogの日付にしてるんですが、覚えてないので適当な日付入れときます。

  ■
  
きっかけは1年前(2008年?)の年末にみけちんからチョコボ育成について聞いたこと。

ログインできる時間が少しずつ減っていて、ちまちま出来ることがないかと浮上してきたのが栽培による金策再開とチョコボ育成でした。

以前からヒナチョコボに変身している人を見て
例え、元が性悪タル、ネカマミスラであろうとも
そのらぶりーさ加減にクラクラしていた私。
変身できるチョコプラストルクはレース用チョコボを育ててレースに勝たないと入手出来ません。

育成は実装直後にわけもわからず1匹育てただけですが今なら情報もかなり出揃っているということで始めてみることにしました。

栽培はやんごとなき事情により先送り。
金庫マイナスの呪いの解呪(持ち物整理ともいう)に時間がかかりそうだったんですよ!

  ■

そんなわけで育成開始したのが2010年1月末ごろ。
みけ師匠の教えに従い、まずは宝探し用チョコボから。
理由は堀りでもちょっとした金策になるうえに、宝探しではチョココインがもらえること。
レース用チョコボには大量のチョココインを使用するんですよね。

私が軽く試算してみたところによると・・・
データが消えたので正確な数はわかりませんが、1600枚以上だったと思います(特訓1回80枚×20回分)
一度にためられる枚数は1000枚が上限なので、レース用チョコボの育成中もちまちま掘り続けてました。

他にチョココイン収集手段としてレース出走があります。
公式レースはレース用でないと勝てないので論外として、プライベートレースが狙いです。
宝探し用チョコボでも神経質に育成しなくてもそこそこ勝てるところまで育ってくれますので、そちらでも稼げるようにしておきます。

  ■

ではまず、卵を手に入れましょうかね。
これは買ってもBF戦利品でも良いんですが、手元には昔育てたチョコボがいますのでせっかくだからこの子(♀)のお婿さんを探すことに。
交配とかそこらへん知りたい人はぐーぐる先生かジュノ上層チョコボ厩舎の物知りヒュム少年に聞いてください。

だれかー。宝探し用チョコボ♂飼ってませんか。

  みけ「確かうちの子が♂だったはず」

ナイス!
ジュノで待ち合わせして診断書を受け取り、そのままヒュム少年にトレード!

  少年「・・・。」

あっれー?
なぜ受け取ってくれないのかしら。
診断書2枚渡すだけで良いんだよね?
ほら、手元にちゃんとありますし。

  牝鳥診断書
  牝鳥診断書
  ※注 牝=♀ 牡=♂

ちょ・・・お婿さんだと思ったら女の子!
母「この日のために立派な男の子に育てたつもりです(キリッ」
みけちんはファミコン版ドラクエ3みたいに女の子でも男の子として育てちゃったお母様ですか!

次回、百合カップルに卵はできるのか!

« 2010年10月 | トップページ | 2012年2月 »