« Tumult Curator | トップページ | anan »

2016年11月11日 (金)

丙子椒林剣への道 ルオン麒麟

こんばんはああああ、ルシールです。

イオニック作成ですが、フレさんがギアスNMをやる時に声をかけてくださるのでちまちま進めてます。
そんなわけでルオンの麒麟です。
それまでのNMもいくつか抜けてるんですが、エリア内では自分がトリガー出すのでなければ順番関係ないですし、行けるチャンスは逃さぬように、と。

基本的には昔の麒麟さんと同じですが、HPが50%を切るとコウリュウ(黄龍?)に進化されます。

で、ほとんど未経験者で構成されたアラで突撃するとこ5,6回。
アビの理解不足やテンパって作戦通りに動けないこともあって見事な返り討ち。
惜しいところまではいけたんですけどね。
一度なんて、こちらが全滅したあと、黄色ネームに戻られた後に計略のスリップダメージで死んでしまわれました…。
これ討伐フラグつかないんですよね。むきー。

20161105_kirin

このblogを攻略の参考にされてる方もおられないと思いますので、概略と私が参加した白視点での注意事項のみ。
盾は麒麟担当と四神担当の2名。
あとは支援+アタッカー、四神盾回復担当。
私は白で四神維持担当の回復をしてました。

と言っても麒麟戦では白のやることに特別なことは何もありません。
被ダメカット装備、FC装備、ケアル回復量アップ装備、強化装備あたりを準備して、ソラススキンを意識しつつ盾さんが沈まないようにするのみです。
朱雀が来た時は、バファイラかけるくらいでしょうか。
聖域や羽衣も被ダメが多そうなら迷わず使う方向で。
祝福は終盤の四神が増えて攻撃が激しくなってきたとき、または複数の弱体食らってために残しておくと少し楽かなー、くらい。
装備さえあれば、風水、学者さんに比べると考えることが少なくて参加しやすいと思います。

結局私が参加してから7回目位で討伐成功!
まぁ、勝利できた今、一番の勝因は参加人数だと断言できますが!
11、12人でやってたんですけどHPが多すぎて削り切れません。
9人に減らして挑戦したところ、目に見えて相手のHPが減る速度が違いました。
途中も危なげなく、ジリ貧になって崩れることもなく。
参加人数でHPが異なるのを身を以て知りました。
麒麟に限らず、ギアスNMがあともう少しで倒せるのに、という場合は、一度の参加人数を減らして複数回挑戦してみるのが良いかもしれませんー。

え? そんなの常識?
今時そんなこと言ってる冒険者もいるということで【許してください。】

« Tumult Curator | トップページ | anan »

バトルコンテンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587529/64493255

この記事へのトラックバック一覧です: 丙子椒林剣への道 ルオン麒麟:

« Tumult Curator | トップページ | anan »