« 丙子椒林剣への道 開始 | トップページ | 丙子椒林剣への道 ルオン麒麟 »

2016年11月 7日 (月)

Tumult Curator

こんばんはあああ。
スクリーンショット撮る癖が抜けてしまい、blogに載せる良いSSがないルシールです。

まったり冒険者の私ですが、フレさんにウォンテッドの Tumult Curator のお誘いをいただきました。
エンドコンテンツにはあまり手を出していない私。
ウォンテッド3が追加されてること自体知らなかったんですけど。
しかもこのタムルトさん、先に表示されている3体を倒してないとオファーリストにも載らないとのことで。

ウォンテッドはクエスト受けてなくても挑戦するとこは出来ますが、せっかくならコンプするために前の3体からやっていただきました。
やるまで知らなかったのですが、アトルガンの3HNMなんですね。
キマイラ、ケルベロス、ハイドラ。
白で回復してたら終わりました(ぉぃ
ハイドラの麻痺範囲が広くて面倒でしたが。

で、メニューに追加されるタムルトさん。
この3体を倒したあとに出てくるってことはもしかしてパンデモ上位ですかー!?(そうです

20161031_tumult1


白か忍、どちらか選んで良いと言われたので今回は忍で!
コンテンツレベル145で、現在実装されているモンスターではかなりのかなりの強敵だそうで。
作戦はTwo man cellさんで紹介されているのを採用させていただきました。
ありがとうございます。
装備やマクロも自分なりに見直しましたが、挑戦してからわかったことがあります。

そーですよ、パンデモさんなんですよ。
神獣一斉召喚という卑怯なアストラルフロウがあるんですよ。

20161101_tumult2

初回挑戦で見事にアスフロで撃沈した私。
アタッカーは私ともう1人の魔導剣士の2名ですので、1名倒れた状態で勝てるわけもなく…
残り2割ほどで敗北しました。

20161101_tumult3

エンドコンテンツに参加されてる方には常識なんでしょうけど、私にはカット装備を重視するという視点が完全に抜け落ちておりました。
カット装備についてはシェル込みで魔法ダメージカット50%必須のようです。

私は、
黄昏の光輪 被ダメ -5%
ヴォーケインリング 被ダメ-7%
守りの指輪 被ダメ -10%
これにシェルラ5をもらって-50%達成です。

作戦上、魔剣さんのワンフォアオールがコルセアのランダムディールで回復するかという運も絡むため、複数日にわたりつつ4回ほど敗北しましたが、無事討伐成功!
(一応、白魔の羽衣+聖域で耐えられることもあるようですが、これは1度しか使えません)

強敵との戦闘は楽しいですね!
フレさんとの協力をより強く意識させられます。

最後に忍者視点での注意事項をば。

■グーフールー
大力足を使われるとしばらく魔法ダメ吸収です。
WS連携も対象なので、特に丙子使ってる方はこの時は装備を変える、または相方魔剣さんとの連携を意識しましょう。
蛇足ながら知らない方のために言っておくと、イオニック武器で瞬→瞬で光連携になっちゃいます。

■ハイドラは足の上、キマイラは横から
ハイドラとキマイラは前後からタゲ取ると痛い範囲攻撃が来ます。
メンバーにも大迷惑なので注意しましょう。

■ケルベロスは後ろから
ケルベロスは後方からタゲ取ると蝉で避けられる攻撃をしてきますのでそれを誘発します。
タゲ取り頑張りましょう。

■最後にドゥエルグ戦
身影は最初から使ってしまいましょう。
コルセアさんのワイルドカードで回復すればラッキーです。
蝉枚数は多く、出来れば参最大を意識。

カット装備注意!
常に装備に組み込んでおくか、アスフロの瞬間はきちんとカット装備に着替えましょう。
数秒余裕があるので神獣を見てからでも間に合います。
(回線状況にもよるかもしれませんが)
ドゥエルグのHP8割くらい or 最初からずっとカット装備にしておくのも安全です。
当然火力は落ちますが戦闘不能になっては元も子もありません。

ラスト4回目アスフロ発動の瞬間にWS撃とうとして着替えてしまい、直撃食らった忍者がここに…。
勝利の瞬間、1人だけエジワ蘿洞の地面にキスしてました。
がくり。

« 丙子椒林剣への道 開始 | トップページ | 丙子椒林剣への道 ルオン麒麟 »

バトルコンテンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587529/64498116

この記事へのトラックバック一覧です: Tumult Curator:

« 丙子椒林剣への道 開始 | トップページ | 丙子椒林剣への道 ルオン麒麟 »